生理前にむくんだり、頭痛がする人がいます。
多くの女性が悩むところであり、最近ではそれ用に休暇をとる人までいるほどです。

生理前におこるこの辛い症状をPMSといいます。月経前症候群です。
月経前の高温期に起こる体の不調の総称で、でてくる症状は人それぞです。

大体は生理が始まる3〜から10日前に、むくみ、便秘、頭痛などといった症状がでます。そして、げっきが始まると収まっていきます。月経同様、毎月起こるので真剣に悩んでいる人も多いです。

これらは大雑把に言うと女性ホルモンの乱れから起こります。なので、女性ホルモンが乱れやすい、ストレスを抱えやすい人にPMSが出やすいのです。

なりやすい人の特徴は以下の通りです。
・神経質な人。
・負けず嫌い。
・疲れやすい人。
・コーヒーや甘いものは好きな人。
・自律神経が乱れている人。

特に、カフェイン入りの飲料や甘いものが好きな人などの「嗜好品の摂取量が多い人」「神経質な人」がなりやすいことが分かっています。

PMSにならないための対策としては、サプリメントをとることもおすすめです。
プラセンタやリノレン酸、テアニン、チェストツリーなど、ホルモンバランスを整えたり、イライラを防いでくれる成分のあるものが有効です。

また、ピルの服用もおすすめです。
ピルには避妊だけでなく、ホルモンを正常に整える効果があります。医師に処方してもらえるので安心して服用できますし、薬によっては長年悩んでいた大人ニキビが無くなったという人もいるほどです。

ピルというと太るイメージがあるかもしれませんが、最近では太りにくい処方の第4世代と呼ばれるピルもあるので、医師に相談してみるのをおすすめします。

とはいえ、婦人科に行くのはなんだか怖いという人には、漢方薬もおすすめです。
当帰芍薬散や、桂枝茯苓丸などはつらいPMSに効果があると有名です。
漢方なら太ったり血栓ができるといった副作用も心配ないですし、基礎体温が上がってむくみが起きにくくなるなどの女性にうれしい作用があるのでお勧めです。